家づくりについてマイホームタナカのコンセプト

安全へのこだわり

HOME性能デザイン

安全へのこだわり

家づくりは基礎と構造駆体が命。
地震や強風にもしっかりと耐えます。

災害から暮らしと財産を守ることは、住まいの最も重要な役割。
マイホームタナカは、その基本となる住宅の基礎と構造躯体に徹底的にこだわり、
富山の気候風土に合った高耐震・高耐久の家づくりを追求しています。

全棟地盤調査を実施。
かくれた軟弱地盤も見逃しません。

地震に強い家づくりは、入念な地盤調査から。軟弱地盤への対策が不十分だと、不同沈下や建物の歪みや傾きが生じる原因にもなります。マイホームタナカでは、すべての新築物件に対し、最新の調査方式による地盤調査を実施。地盤の地耐力を正確に把握したうえで、最適な基礎の設計および、地盤の改良方法をご提案します。

入念な地盤調査

入念な地盤調査

スウェーデン式サウンディング試験により、建物の支持地盤を5ポイントにわたり調査。

表層改良工事

表層改良工事

テフロン系凝固剤と土をかく拌し埋め戻すことで強固な地盤を実現します。浅層改良に適した工法です。

入念な地盤調査

深層改良工事

支持地盤が深い場合は深層改良が必要です。 改良方法には砕石パイル工法、柱状改良工法、鋼管杭工法などがあります。当社では天然砕石のみを材料に使用した環境に優しい工法の「HySPEED工法」をお勧めしています。

建物全体を支える、頑固なベタ基礎。

基礎は、家づくりのなかで最も重要な部分。いくら地震に強いとされる建物でも、基礎が丈夫でなければ意味がありません。
当社が採用する鉄筋コンクリートベタ基礎は、建物全体の荷重をバランスよく受けとめるとともに、地震などの外力を地盤へとスムーズに分散させるすぐれた耐震構造です。しっかりとした地盤に丈夫で頑固な基礎を築くことで、建物の強さをより確実なものにします。

公庫基準を上回るこだわり仕様

より強固な基礎をつくるため、コンクリート立ち上がり布基礎巾は150mm、地盤からの基礎の高さは400mmに設定しています。

床組を支える鋼製束は、縁の下の力持ち

床組を支える地束は、一般的な木製やプラスティック製と比べてより強靭な鋼製束を採用。1本当たり2t以上の荷重に耐え、半永久的に腐ることがありません。又、高さ調節ができるので、床下のメンテナンスも容易です。

防蟻性・耐腐朽性にすぐれた檜の土台

家を支える大事な土台には、高品質の国産檜材を採用。檜には、カビやシロアリの発生を防ぐ成分、ヒノキチオールが含まれており、無垢材の状態で使用することですぐれた耐腐朽性・防蟻性を発揮します。

地盤からの湿気をシャットアウト

基礎と床下の間には、基礎パッキンを設置し、基礎の全周にわたった換気をおこなっています。これにより通常の床下換気口の約2倍に相当する通気性能を確保し、住まいの耐久性を向上させています。

建物全体を支える、頑固なベタ基礎。

地震・台風に強い剛床工法で
建物の水平剛性を飛躍的に向上させ、強固な構造躯体を実現します。

28mmの構造用合板を直接梁に留め、柱・梁と床面を一体化させる「剛床工法」を採用しています。「剛床工法」は水平剛性を高め、地震や台風時に受ける床 面の“横揺れ”や“ねじれ”を抑える効果があります。

剛床工法を支える梁

剛床工法を支える梁は1階壁の上、2階壁下の配置はもちろんのこと、部屋の大きさに関係なく910間隔に梁を配置しています。さらに、梁の 振れ止め防止に1820x910(畳一帖)の格子状に組み上げます。このように造り上げた骨組みの上に構造用合板を直接留めることで水平剛性を高めています。

剛床工法を支える梁 剛床工法を支える梁

「横揺れ」・「ねじれ」に強い剛床工法

水平面の強度が不足すると地震などによる大きな力が加わると、建物も捻じれてつぶれる事になります。耐震住宅を建てるには水平剛性(横からの力、ひねりに対しての対抗力)の確保が重要な事なのです。

剛床なしの場合

床の耐性が低いと、地震などの水平力に対して、ねじれが生じやすい。

剛床なしの場合

剛床工法の場合

剛床構造にすることにより、剛性を高め、ねじれに強くなる。

剛床工法の場合

「強さ」と「暖かさ」を兼ね備えた
木質構造パネルシステム
「プレウォール」

プレウォール

高耐震

木造軸組工法をさらに進化させた
「在来軸組モノコック構造」

在来工法と2×4工法の融合、
強度は在来軸組工法の2倍

上棟式

モノコック構造

モノコック構造

外部からの荷重を面全体で分散し受け止めることで高い強度を発揮

在来軸組構造

在来軸組構造

外部からの力が柱や梁などに集中しやすく、全体的に十分な強度を発揮しにくい。

高断熱

プレウォールが採用する
世界最高レベルの断熱性「フェノールフォーム」

工場生産だからできる高品質、高精度な構造パネル。限りなく隙間をなくし熱を逃さないので、夏冬の冷暖房効率が格段にUPします。

フェノールフォーム

断熱材別熱伝導率比較

断熱材 フェノール
フォーム
硬質ウレタン
フォーム
ポリスチレン
フォーム
ロックウール セルロース
ファイバー
グラスウール
熱伝導率
(W/mK)
0.020 0.024 0.028 0.038 0.040 0.036~0.050
※値が小さいほど熱が伝わりにくく耐熱性能が高い

耐久性

家の大敵、湿気を通さないフェノールフォーム

家の寿命が縮めるものは湿気と結露。プレウォールの家の壁(断熱材)の中は常に乾燥、さらに気密性も高いので、湿度が入り込むことはありません。柱や土台が腐ることなく健康な状態を保ちます。

フェノールフォーム 夏

フェノールフォーム  冬

万が一の地震から家族を守る
「制振ユニット」ミライエ

ミライエ

2000年に施工された新しい耐震基準の住宅は震度6強クラスの大きな地震でも1回では倒壊しないように設計されています。
しかしこの耐震基準はその後の余震までは考慮されていません。もし本震で柱、壁など、構造躯体がダメージを受けていれば、それに続く余震の規模や回数によっては倒壊する可能性も高まります。

実証

実大振動台実験結果(2017年京都大学防災研究所)
震度7の加震に対して揺れを95%低減しました。

耐震等級3相当の木造建築物に対して、熊本地方で大きな被害を出した熊本地震の前震級と本震級の地震波を入力。さらに震度7の本震級の地震波を繰り返し入力し、MIRAIE装着とMIRAIE非装着で、建物の上層と下層の揺れ幅(層間変位)を測定。この結果、地震の揺れ幅を最大95%低減できることが実証されました。

1階の上部の層間変形量の最大値

低コスト

一階に4ヶ所設置するだけで制震効果が得られます。

※延床免責140m² 以下の平屋及び2階建て住宅の場合、但し多雪地域は除く

X方向Y方向への最適配置により1階だけの設置で家全体を守る事ができます。又免震システムと比較しても低コストで導入できるのも魅力です。

4ヶ所で制震効果が得れます

pagetop